遠近両用レンズについて

1つのレンズで遠くから手元までという広い範囲を見る事ができるのが特徴です。

遠近両用レンズは、メガネの掛け直しが面倒に感じる方や、遠くも近くも短い時間の中で連続で見る必要のある方、1日中メガネを掛けて生活される方などにオススメです。

レンズの上部分は遠方を見る度数が入っています。

そのまま視線を下にズラし、レンズの下部分には手元を見るための度数が入ります。

レンズの中間部分は遠方でも手元でもない、中間の距離を見る時に使います。

遠近両用レンズは遠くも近くも見る事ができて、とても便利なレンズではありますが、

それぞれの視界は単焦点レンズで見た時の方が広く快適です。

また中間から手元の視界にはユガミが出るので、歩く時にフラつきを感じる方も少なくありません。

従来のスタンダードタイプの遠近両用レンズに比べて、広い視界とユガミを少なくした設計を持つハイグレードタイプや、お客様ひとりひとりの眼に合わせて作る

プレミアムタイプのレンズなど、遠近両用レンズにはたくさんの種類があります。

ささきではメガネのご使用目的やご予算に合わせ、最適な品をご提案させて頂きますので、

お気軽にお問合せ下さい。

視力測定(安心の15項目)